新宿ナンパノート

毎日ナンパブログ更新中

3月31日、夜花見コンビナンパ&ソロスト

夜は、西麻布の合コン、六本木タワマンホムパにお誘いいただいていたが、ナンパ師の方と花見ナンパを選んだ。飲み会をはしごしてお酒が入ると学習能力が落ちるため、花見ナンパオンリーである。

 

人工的に作られた釣り堀で釣りをしている=港区女子と華やかに遊んでる知人達は、天然の池のある公園で釣りをする=区立の地味な公園で声かけする私の楽しみを理解することはできないかもしれない。釣り堀ばかり通う釣り師は少ないだろう、それは天然の川や池の方が面白いからだ^_^

 

ストナンを天然の川や海とすれば、イベントナンパは、天然の池や湖といったところであろう。。魚が自然に集まっているので、ストナンに比べれば、オープン率は高い。

 

花見ナンパは、一人ではやりにくいので、コンビナンパになる。中には一人で行って、酔っている一人だけでいる女の子を狙っている人もいるようだが。

 

公園の入り口で集合して、ナンパ師3人で声かけ開始。夜でもストナンと違い、反応は良い。皆で15組くらい声をかけた。

 

残念ながら、連れ出しはなかったが、2時間強くらいであったが他の人のトークを見れて、勉強になった。

 

公園内では、私一人で声かけした女の子二人組に番ゲ1件。

 

その後は、渋谷センター街で30分、声かけ10人、番ゲ0、連れ出し0。

 

最近疲れが溜まっていたので、1時半に帰宅。明日昼間も同じ公園で花見の会があるので、女の子へは和みの練習をしていきたい。

 

反省点

女の子が発した言葉を拾うことの重要性、暗い花見の場所でもテンションを維持することを学んだ。人の声かけを聞いていると、自分との違いなど気付きが大きい。

 

これからも、ナンパ仲間を増やして、ストナン生活をエンジョイしたい。