新宿ナンパノート

ナンパブログ

4月19日、3度の敗北。夜準即狙いキャンセル、合コン、ソロスト

f:id:nanpanikki:20180420054540j:image

本日昼に、本日夜準即狙いの女の子(22歳スト値6)へリマインドメッセージ送ったら、「てっきりアポなくなったと思って歯医者の予定入れちゃった」とのメッセージをもらった^_^;

 

「じゃあ、歯医者のアポをキャンセルしなよ!」と返信すると「歯形を取るからキャンセルダメ」とのこと、まぁ。俺のアポは歯医者に負けた(ToT)

f:id:nanpanikki:20180420054245j:image

スクリーニングになってちょうどよかったか^_^;

 

反省点

セオリー通り、リマインドメッセージするべきだった。疲れて忘れていた。

 ↑【第一の敗北】

 

心の穴を埋め合わせるために、昨日合コン行かない宣言したにもかかわらず早速破って、



恵比寿の合コンへ飛び入り参加(お酒をほぼ飲まないように注意!)。その後、新宿でストナン予定。アポが流れたからといって、合コンに逃げる男にはなりたくない。 
f:id:nanpanikki:20180420054304j:image

女の子のクオリティは、スト値4~6で、ノリは悪くはなかったし、むしろ男が少なかった。

 

有村かすみを、10歳くらい老けさせて、5発くらい殴った30代の女の子(スト値6)と最初いい感じで、これは即れる感じがしていた(・o・)「新宿歌舞伎町で、スカウトとかやってていかつそう!」「新宿らへんが似合いそう」なんて言われて、内心、「新宿のスト師だから、外見似てくるの当たり前!というか俺のマーケティング当たってる!」と満更でもなかった。

 

ハンドテストOKでいい雰囲気であったが、男子がなかなか集まらず、2時間近くその女の子と話していた。というか、その子以外私のテーブルには女の子がいなかった。

 

これはイケるのではと思っている最中、途中から女の子の動きが急変した。

 

終盤気づいたら、大したことない30代の男(スト値6)に女ががっついて、逆に持ってかれた、というか、女の子が男にがっついて一緒に帰ろうと必死になっていた(むしろ男は早く帰りたがっていた)。
f:id:nanpanikki:20180420054345j:image

まぁ、なにかが俺が悪かったのであろう。最初は自分に食いついていたのに、大変傷ついた(ToT)「俺はこんなに弱かったのか」「魅力がなかったのか」周りの男友達が慰めてくれる。

まぁ、男の子は普通にいい奴だったので、良き夜を過ごして欲しい(T_T)

 

反省点

いまだに原因はわからないが、席が最初は二つに大きく分かれていて、30代の女の子と私は二人っきりで、向こうは男一人女の子四人くらいでバランスが崩れていて、たまたまモテる男(アルファ男子)と勘違いしたのか!しかも以前会ったことがあって、30代の女の子は、その男をブロックしていたにもかかわらずである。

 

後は、私が少しがっつきすぎたのかもしれない。。たしかに2時間は長い(幹事のご意向には逆らえないが)

 

まぁ、女の子の判断は常に正しい。致し方ない。

↑【第二の敗北】

 

家に帰って枕を濡らそうとも考えたが、悔しさを忘れずに夜の0時半~1時半まで、新宿に出撃。声かけ40、番ゲ0、連れ出し1。

 

新宿東口で声かけた23歳女の子(スト値4)に「飲みに行こう」と話しかけると、「いいよ」とのことで、鳥貴族へ行く。

 

声優やったり、巫女やったりしてて、今は体調を崩しているとのこと。「お母さんが亡くなったこと」「(写真を見せて)弟のこと大事にしている」など和んで、女の子も自己開示してくれてなかなかいい感じではあった。家族想いで、なかなか頑張り屋さんの印象。30分くらいして、会計を済ませて外に出る。

 

「眠いから、ラブホテルへ行こう」とタクシーに乗って、ノーグダで新宿バリアンイン。

 

このまま問題なく即れるかと思ったら、どうも女の子の様子がおかしいことに気づく。「私の友達は昭和天皇の生まれ変わり」「15代のタカヒロが明日会うのだが、TSUTAYAの店員をやっている」「私には母親とお祖母ちゃんと女の子10人が乗り移ってる」「まだ全然眠くない2時間くらいで睡眠は十分」など様々な妄想的な内容を連呼し続けている。いわゆる、精神分裂病の女の子だった?以前テレビで似たような病気の特集やっていたから覚えている。理解不能な支離滅裂な言葉でベッドで横になってても全然眠れない(T_T)

 

たぶん、向こうもホテルにのこのこついてきたし、まんざらでもないだろう。もし少し嫌がったとしても、ガンガン押せば、ゲットできる案件であるが、頭の中の病気の人を刺激してあることないこと言われたくないし、なにより気の毒な気もする。

 

「そろそろ帰るね!」と伝えると、「明日夢の中で会おうね!」と意味深な言葉を残して、私は一人で家に帰って、今、朝の5時だが、ブログを執筆している。(もちろん番ゲせず)

 

反省点

ホテルに入るまでは、鬼太郎とか書いてくれる美術&アニメ好き女子だったが、ホテルに入ってから病気が出てしまった^_^;
f:id:nanpanikki:20180420054146j:image

↑ 鳥貴族で書いてくれて、私が和みました。かなり鬼太郎は上手!

 

ホテルのストレスや緊張もあるのだろうか。身なりも普通だったし、それを事前に察知することは難しい。まぁ、最善の策であったと思う。

↑【第三の敗北】

 

皆様、いかがでしたでしょうか。今日だけで三つの敗北を喫した。学ぶことも多く、リマインドメッセージ、長時間がっつかないこと、挫けそうになっても出撃して声をかけ続けることの重要性を再認識した。

 

ストナンを始めてから毎日様々なことが起きて、悔しい、苦しい気持ちになるが、決して風俗では味わえない、ストナンを始めないと味わうことのなかった感情である。いつか振り返ったときに良き想い出になることだろう。

 

明日からも前を向いて歩いていきたい^_^