新宿ナンパノート

ナンパブログ

5月13日、「ナンパ講師」のためのネットビジネス勉強会に参加! 学んだことをアウトプットして復習中

昼は渋谷でMAX先生のナンパ講習。昨日の合コン仲間がMAX先生との講習に是非ご一緒したいとのことで、講習に同行。

 

合コン仲間いわく「酔ってるときは、声かけることはできるけど、シラフは、無理」とのこと。

 昼間女の子にシラフで声かけするのは、異常にうつるらしい^_^;

 

そんな中、マークシティーの休憩用の椅子に座っている就活中の女の子から、ライン番ゲ。「(あなたが)向こうに行ってくれるのなら、ライン交換してもいいよ!」というので、強引に「焼肉食べに行こう」と口約束しつつ、番ゲ。話は盛り上がっていたが、よっぽど会話をしたくなかったのか?笑

 

反省点

「向こうに行ってくれるなら・・」と、なぜ女の子から言われた点を、MAX先生に相談すると、声かけられているところを他の人に見られるのが恥ずかしかったので?は。

 

夜は、ナンパ×ネット集客の第一人者であるYASUさん主催のネットビジネスの勉強会。ナンパ講師を「したい人」「している人」などが集まった。クローズドな会ではあるが、10名ほどが集まり、密度の濃い4時間だった。
f:id:nanpanikki:20180514054946j:image
 

勉強会はスライドを元に、網羅的にわかりやすくまとめられていて、情報商材などのアフィリエイトはどのようにすればいいのか、信用残高を増やしていくことの重要性の話などわかりやすく、数万円の価値のあるセミナーだった。

 

ナンパブログ

ナンパでハイレベルな美女をゲット(YASUさん)

http://pkup.tokyo/

 

新しく作るホームページのデザインについても相談させてもらったが、可愛い女の子の写真ありのエロい雰囲気にするのが定番であり、アクセスが増えて、長文にするとSEOに強く、長文にすると、長文を読める知的な人が集まりやすいのではないかとのこと。

 

その後、皆でお洒落なバーで懇親会へ。YASUさんは、これまでに多くのナンパ講師の方を育ててこられたが、直接質問できたり、相談にのってもらったりできる千載一遇のチャンスだった。

 

ちなみに、私はナンパ講師を目指しているわけではなく、ホームページを新しく作るために勉強のために参加している。

 

多くのことが学びになったが、特に印象的だった内容を羅列すると、

・ノウハウの提供は、価値が落ちている。楽しい体験に価値がある。

SEOSNSを活用して、多くのアクセスを集めていきたい。これからは、コミュニティ、ファン化していく方向性になるのであろう。

 

・ナンパ講師業界は、ネットの活用が遅れている。

→おそらく、ナンパするような人は、ネットを活用して仕組み化するのが苦手なクラスターなのかもしれない。だからこそ、チャンスがあるのだろう。

 

・キーワードにより、難易度が異なる。競合が少ないキーワードを狙う。

→例えば、「渋谷+ナンパ」よりも、「地方都市+ナンパ」の方が難易度が低い。

 

・信用残高を貯める。コンサルするときは5倍の利益を出す。

→私もその考えに共感するが、なにかのビジネスをコンサルする場合は、少なくとも3倍以上の利益を提供しなくてはならないと思う。会社経営につながることではあるが、中には、利益をかすめとることしか考えていないコンサルタント?もいる。

 

大局的な見方をすると、ネットが発達する以前は、その人の信用、信用残高を評価する、可視化することができなかったが、今の時代はそれができるようになった。飲食店も食べログなどで評価されるし、ナンパ講師もツイッターのフォローワーやいいね!の数で可視化されているわけである。

 

「テクノロジーの変化」により、「人間の生き方が変わり、しいては、運命も変わる」私も好きな言葉である。

 

・人を育てることが一番効果が大きい

→多くのナンパ講師を育ててこられたが、講師が活躍することにより結果的により大きなリターンが得られているようだった。それは金銭的なものだけでなく、良質な情報や体験など無形の財産であることも多いのだろう。

 

反省点、というか今後の方向性

基本的には、今自分がやっているナンパブログは、アフィリエイトや広告などで利益を出すつもりはない。ただ、毎日のナンパ活動を中心として自分が好きでやっているわけで、これからも、「ナンパのノウハウを中心としたストック情報」と、「毎日のナンパ活動を記録したフロー情報」両方を情報発信して、ナンパ仲間に貢献し、金銭的な要素ではなく、楽しい体験をしていきたい。

 

文章がおかしいときもありますが、ブログ読んでくださっている方、いつもありがとうございます^_^

 

このブログは、パソコンではなく、隙間時間を利用して、スマホで文章を作っています。パソコンより入力スピードは落ちますが、起動時間も必要ないので、気軽に書けてよい時代になったものです。これからもよろしくお願いいたします(*^^*)