新宿ナンパノート

毎日ナンパブログ更新中。即系ストナン情報ブログ「ナンパの教科書」を執筆中。

5月15日(池袋編)、セフレと会う女の子にブーメランを投げるの巻


f:id:nanpanikki:20180515220322j:image
気を取り直して、21時に池袋へ移動している到着。夜の池袋での出撃は初めてである。やはり、高田馬場とは人通りが違う。渋谷、新宿、池袋と、三大ナンパスポットになっているだけあって、先人の経験は偉大である。

 

少し疲れも出てきて、自分のテンションが高くないときは、「なんか、疲れてない?」と自然に声かけするように意識を取る。もちろん、ユニークで笑わせることもするが。。

 

ちなみに、池袋東口でも、キャッチ対策の警備員が複数いた。

 

自販機の前でぼおっとしている女の子(20歳大学生スト値6)に「路上ライブ聞いてんの?」声かけで爆笑でオープン。続けて「自販機の前にいると、お茶買えないんですけど、お姉さんは、朝の茶時買ってるけど、もう夜だよ」にもウケる!

 

女友達を待っているとのことで、本当に女友達が少ししたら来た。

 

少し話し込むと、「(冗談半分に)パパ活している!お兄さんどう」と話を持ちかけられる。「今は30代から40代中心らしいよ」とのこと。やんわりと断り、「パパ活じゃ意味ねぇんだよ」と呟く。

 

その後、60階通りの入り口で21の大学生(スト値7)に声かけ。待ち合わせがあるから、時間潰しにカラオケに行くとのこと。じゃあ、30分だけ行こうという話になったが、途中で彼氏から連絡があって、もうすぐ行かなくてはいけないことに。

 

路上で、10分くらい和んで、また今度飲みに行こうと口約束。

 

今日は可愛い女の子と番ゲができる♪

 

f:id:nanpanikki:20180515220304j:image
 

この時間帯は、西口よりも、東口の方が女の子も多く、ライバルのナンパ師やスカウトは少ない。

 

20歳の女の子(スト値5)がうろうろしてるので、服のネタで突っ込みを入れつつ、会話で和む。男友達(セフレ)が来るまで、マックで待つことに。「セフレと喧嘩していること」「男に都合よく遊ばれちゃうこと」など色々聞き出す。

 

30分ほどしてセフレが池袋駅に到着したとのことで解散。「よかったら、終電前に新宿で飲もう」とブーメランを狙う。

 

23時近くになると、人通りが減るので、東口駅前に移動する。この時間帯にはキャッチみたいな人は多くはないがいた。いつもの新宿に戻ることに。

 

ちなみにその後、セフレとは仲直りしたのか?ブーメランはヒットせず(+_+)

 

声かけ50、番ゲ3、連れ出し1

 

反省点

やはり、ユニークがはまると、立ち止め番ゲ率が高まる。自然な会話だけでなく、ユニークを入れることができるよう、これからも実践していきたい。