新宿ナンパノート

毎日ナンパブログ更新中

●即(準即)までの流れ

ストリートナンパの即の流れとしては、路上での【声かけ】→バーへの【連れ出し】→ホテルへの【クロージング】
準即狙いだと、スマホでの【メンテナンス】が入る。
 

ソロでの即狙いとしては、買い物帰りや飲み会帰りなど、その後の時間のありそうな女の子を、一番確率が高いのはクラブに遊びにきた男を求めている女の子をターゲットにして、仕事中などで明らかに用事がありそうな女の子や、二人組の女の子は除外するべき。

コンビで、即数を最大化するには、ソロだけでなく、逆3でも声かけして、連れ出してからコンビの相方を呼び寄せる方法が効率的。

あえて2対2で声かけする理由はない。

準即狙いメインなら、待ち合わせなどで立ち止まっている女の子も選択肢である。

マーケティング用語でいえば、フロントエンドが連れ出し、バックヤードがクロージングに当たる。
 
いきなり声かけ→クロージングにしないのは、連れ出しは、会話教育して、クロージングしやすくなるためである。
 
いきなり、声かけからバックヤードのクロージングをすることもできなくはないが、それを「弾丸即」という。
 
例えば話であるが(%は不正確な数字)
 
「和みのなしの弾丸即」
最初から、「ホテル(個室でゆっくりできるところ?)に行こう」とオファーすると、0.1%くらいの人はゲットできる(弾丸即)
 
「和みありの弾丸即」 
最初から「ホテル(個室でゆっくりできるところ?)に行こう」とオファーせず、和みの会話をして信頼関係を構築して、「ホテルに行こう」とオファーすると、0.3%くらいの人はクロージングできる(弾丸即)。
 
「和みなしの連れ出し→即」
最初から、和まずに「バーに行こう」とオファーすると、1%くらいの人はバーに連れ出せて、0.3%くらいの人はクロージングできる(即)。
 
「和みありの連れ出し→即」
最初からオファーせず、和みの会話をして信頼関係を構築して、「バーに行こう」とオファーすると3%くらいの人は連れ出せて、1%くらいの人はクロージングできる(即)。
 
基本的には、確率が一番高いバーへ連れ出してクロージングする選択をするのが合理的である。
 
何%連れ出せるか、何%クロージングできるは人によって異なるだろうが、実力をつけることにより、「ゲット率」=「連れ出し率」×「クロージング率」が上昇するが、主に声をかけてバーへの連れ出しと、連れ出し後のバーからホテルでゲットするまでのクロージングに分けることができる。